ホーム > お知らせ | 年少組 > いろんな鬼ごっこに挑戦したよ

いろんな鬼ごっこに挑戦したよ

いろんな鬼ごっこに挑戦したよ

隣のクラスの友達が気になるようになってきた年少児、ばら組ときく組の交流も兼ねて、一緒に鬼ごっこをして遊んでいます。
まず最初は「むっくりくまさん」。くまさん(鬼)につかまらないように逃げる鬼ごっこです。♪むっくりくまさんむっくりくまさん~♪寝ていたくまさんが起きると、「キャー‼」と言って逃げる子ども達。中には、くまさんが怖くて泣いてしまう子どももいたので、次の日は「むっくりねこさんうさちゃん」で遊びました。くまが怖い子もうさぎとねこなら安心して遊んでいました。
他にも、フープを使って「色鬼」をしました。「鬼さん鬼さん、何色ですか?」とたずね、「赤!」と言われたら赤のフープの中に逃げます。小さなフープの中に何人も入ってなんだかうれしそうな子ども達。次の日には、園庭のにある色でも「色鬼」をしました。運動場に打ってある杭の色を見つける子、友達の洋服や自分の靴に色があることに気が付く子…「ほんまや!」と近くにいた子が自然と集まっていました。
「バナナ鬼」もしました。いわゆる「氷鬼」というもので、タッチされるとバナナになります。味方にタッチしてもらうとバナナの皮が剥けて逃げることができます。鬼になってタッチすることを楽しんだり、バナナになった友達を助けることを楽しんだり、中には1回も鬼にならないように逃げきる子もいました。寒さも忘れて走り回る子ども達、またみんなで遊ぼうね!

 

ホーム > お知らせ | 年少組 > いろんな鬼ごっこに挑戦したよ

このページの先頭に戻る