ホーム > 教育方針 > 自然に親しむ  

教育方針

自然に親しむ

幼児期は、心身共に著しい成長をとげる時期。この時期に人間としての基盤が培われることを思う時、充分に自然に触れて体を動かし、感覚を養い、自然の働きの不思議さ、楽しさに気付き、多くのことを学んでほしいと願っている。 教師は季節感を大切に取り入れながら、子ども達が遊びたくなるような環境を設定し、子ども達の自主的な遊びがより発展するよう援助している。

幼児の活動

    [
  • 土、砂、水、草花、木の実、草の実、風、雪、氷で遊ぶ。
  • チューリップ、ヒヤシンス、ミニひまわり、トマト、さつまいも、なす、ピーマン、とうもろこし等を栽培する。
  • くり、キウイ、サクランボの収穫をする。
  • ウサギ、金魚、カメを飼育する。
  • 小動物(ザリガニ、カエル、カタツムリ、アリ、ダンゴ虫など)と遊ぶ。
  • 昆虫(カブト虫、クワガタ、トンボ、バッタ、コオロギなど)と遊ぶ。
  • じゃがいもほり、いちごつみ、さつまいもほり、木の実木の葉拾い、みかんつみをする。

ホーム > 教育方針 > 自然に親しむ  

このページの先頭に戻る